• あーてぃん

4/17練習日誌@お茶大「新歓練習5回目ー!!!」


こんばんは、2年ソプラノのあーてぃんです。ブログ書いてみたいなあ…と思っていた所になとりーぬさんからのご指名があり、練習では喜び勇んで写真を撮りまくっていました。うまく書けるかなあ…頑張ります。

新歓練習ももう5回目です!今回歌ったのは、曲集「あなたにあいたくて生まれてきた詩」の終曲、「風のうた」です。この曲集も、これで一巡することになります。ということは、新入生の中にはこの曲集の曲、全部歌ったよ!って人がいるかもしれないということですね!

さて、今回も体操・ブレス・発声から。

今回の発声は体をたくさん使う発声が多かったですね!おなかや背中に息を入れたり、音を出すのに合わせておなかを動かしたり。特に背中の方に息を流すのは結構難しいですよね。発声をやりながら私は、合唱を始めたばかりのころ、「体を使った発声とか簡単に言うけど言うほど簡単にできないよーーーー(涙)」と思ったことを思い出しました(笑)でも、新入生のみなさんご心配なく。練習を重ねればできるようになりますよ!

懐かしい記憶を思い出したところでお次はパート練習です。 まずは各パートにお邪魔して撮らせてもらった写真から。

♪アルト♪

写真だけ見るとちょっとアレ(笑)ですが、とっても真面目に練習していました! 窓の外からウグイスの鳴き声がしていましたが、あれは本物のウグイスだったのでしょうか…?

♪テナー♪

さすがはストイックテノールを自称するだけあります。 一音一音丁寧に練習していて、その練習の細かさにびっくりしました。

♪ベース♪

写真撮らせてください、といった時の旺盛なサービス精神とそのあとの真面目に練習に取り組む切り替えが素晴らしかったです。(都合上真面目な練習写真のみです、すみません)

♪ソプラノ♪

小練がものすごく狭いと感じるほどの大人数での練習となりました。 いつものように和やかに練習が進みます。

パート練習も終わりアンサンブルです。 今日もたくさんの新入生がきてくれたので、椅子が3列に並んでいました。ほら、こんなに人がいますよ!

今回は、語感を大事にという指摘が多かった練習でした。言葉の歌い方や、子音の出し方、音のあて方を意識するだけで音楽に表情が生まれ、色がついてきますね。

特に「いつも」と「いつまでも」の歌い方をしっかり練習しました。SCのあきやさん曰く「いつも」は「言葉が3回繰り返されているので大事な部分」、であり「(自分の)中で優しく抱いてあげる感じ」で、だそうです。「いつまでも」の部分では流れていく感じ、はっとすろような感じ、という指摘があったように思います。アルトはあきやさんの「よい」がもらえていましたね、うらやましいです。

表情豊かな「いつも」と「いつまでも」に仕上がりました!どちらの部分にも‘ben semplice’(単純に/素朴に)と書かれていますが、今回の練習くらい感情が入っていた方が素敵なように思います!

とても充実した練習でしたが、アンサンブルのはじめはちょっと今日も男声が少ないなあ…って感じでした。しかし練習の途中に新入生がいっぱいキターーー(゜∀゜)ーーー!!! (ほんとに内心こんな感じでした←)

練習の最後に新入生の一言自己紹介がありますが、その時に数えたところによると、今回の練習には ソプラノ 17人 アルト 8人 テナー 8人 ベース 7人 の新入生が来てくれたようです!たくさん来てくれましたね、わーい!もしかしてこれは過去最高人数では???

新入生のみんな来てくれてありがとう!!! たくさんの人数で歌うことができてとても楽しかったです!

今回も練習お疲れさまでした(^^)

さて、次の練習は4/21@お茶大です 次回の曲は曲集のはじめに戻って一曲目「あなたにあいたくて生まれてきた詩」です。リズミカルで歌っていてとても楽しい曲です。曲のあちこちに詩の雰囲気を言葉ではなく音でも表している部分があるところも面白いですね。曲集のタイトルにもなっている曲ですし、今回みたいな大人数でダイナミックに楽しく歌いたいですね。

そ・し・て、ソプラノのボイストレーニングもあります!!! ソプラノだけでなくアルトもボイトレしてもらえます!女声はくるしかない!ぜひ練習に来てボイトレ受けましょう!

次回の練習も今回のようにたくさんの新入生と歌えるといいですね(´ω`*) 新入生の皆さん、次回もお待ちしています!!!

#2014新歓

0回の閲覧

システムの都合上、スマホ・タブレットなどでの閲覧の際に改行などがみにくくなるおそれがあります。

2017-2020 Midorikai Chorus Club all rights reserved.​