• やすお

第1回2年練@日本女子大目白キャンパス


こんにちは、4年テナーのやすおと申します。今回は、僕がこのブログの1ページを担当させていただきます。 いやはや、最近は少し暑すぎるかなと思うこともありますが、基本的には暖かく気持ちのいい天気が続いており実によいですね。

さてさて、今回の練習ですがいつもとはだいぶ勝手が違います。まずもって練習場所ですね。今回は今年度初となる目白キャンパスでの練習となりました。目白での練習については遠いと文句を言う人も多いのですが、練習で使う教室が次の写真のように景色がいいので僕は結構好きです。

そして、もうひとつ大きな違いがありました。そうです。今回の練習は2年練だったのです。ご存知の方も多いかとは思いますが、2年練というのはその名のとおり日ごろ練習を取り仕切る3年生に変わって2年生の人たちが練習を執り行うというもので、普段とは違った曲を練習します。

そんなわけで、今回の主役たちを紹介しましょう。

ジェネラルマネージャー:こばたく

ソプラノパートリーダー:バンビ

アルトパートリーダー:まるちゃん

テナーパートリーダー:おかや

ベースパートリーダー:なつ(左)

男性サブコン:たけい

女性サブコン:あーてぃん

そうそうたる顔ぶれですね。なんだか始まる前からわくわくしてしまいます。 さあ、練習の始まり始まり。 まずは、パー練ですね。

こちらはソプラノの映像です。人、多いですね。しかしながら、皆さんバンビさんの指導をしっかりと聞いていてとてもよいですね。こういう集中力は僕らテナーも見習いたいものです。

さて、つぎはアルトです。まるちゃんの圧倒的な統率力の元、緊張感のある練習が行われていました。

しかし、カメラを向けたとたんはしゃぎだしました。すばらしい切り替えですね

いよいよ、我らがテナーです。おかやくんは理論的な意味づけをしながら体操をやったり、和音を構成する上での音の出し方を教えたりとインテリジェンスあふれるパー練を展開していました。まさにテノールにふさわしいパー練ですね。

その指導を受けるテナーの人たちも真剣そのものです。

こちらはベース、写真撮影に動じることもなく夏くんを含めてみなで楽譜を見ながら思案しているようです。なんとまじめなベース、これが新世代のベースなのでしょうか。

しかしご安心を、右に視界を移せば今までどおりのお調子者のベースが健在でした。

そして、ついにアンサンブルが始まりました。

まずは、たけいくんが「ゆめみたものは」の練習を指揮します。この曲については特に上級生は知っている人が多く、若干歌い方が暴走しがちでしたが、たけいくんは丁寧に指導を行って皆の歌い方をより理性的なものへと変えてゆきました。

さて、つぎはあーてぃんの指揮による「空」の練習になります。こちらの方はほとんどの人が初めて歌う曲で、最初は音を合わせるのに必死という状態でしたが、あーてぃんの適切な指導とそれまで秘かに特訓を重ねてきた2年生たちの活躍もあいまって徐々に音楽が形作られてゆきました。

皆真剣に歌っています。

ピアニストのかろるさんです。かっこいいですね。 そんなこんなでアンサンブルも終わり、最後の連絡の時間になりました。

こばたくがさくさくと連絡を捌いてゆきます。

最後には次回2年練(5月12日)のGMを務めるやなちゃんが出てきて練習の告知を行いました。 そうして第1回2年練は成功裏に終わったのでした。それというのは、やはり2年生たちが一丸となってこの日に向けてしっかりと準備をしてきたおかげに他ならないと思います。本当に頼もしい限りですね。 また次の練習も2年練になるわけですが、今度は2年生たちの役割も練習する曲もがらりと変わります。ぜひご期待ください。


0回の閲覧

システムの都合上、スマホ・タブレットなどでの閲覧の際に改行などがみにくくなるおそれがあります。

2017-2020 Midorikai Chorus Club all rights reserved.​