• midorikaichorusclub

2月23日通常練習@お茶大

最終更新: 1月6日



こんにちは。1S市村です。 最近風邪が流行っていますね。健康じゃないと何をするにもベストの力が発揮できません。 今日は『Magnificat』から「Of a Rose, a lovely Rose」と「Quia fecit mihi magna」を練習しました。 又、ソプラノボイトレがありました。今回のブログではその時の内容を中心にお伝えします。 アンサンブルの詳しい注意点は個人的にパートの方に聞いていただければと思います。申し訳ありません。  ソプラノ 

パート練が始まると、2年生と私だけでちょっぴりさびしかったです。同期ソプ'sに会いたい欲が…(この後会えました♡)

写真は、はんなり2年生です。(ダチョウ倶楽部ごっこ楽しかったです)

アルト

ガラス越しに撮りました。丸山さんがピアノを弾きながらみんなで音取り中。

テナー


こちらも音取り中です。キーボのご協力ありがとうございました。

ベース


ソプより少なめでした。こちらもほんわかとした雰囲気が漂っていたような…

二番の音取り中です。身長高めです。

ソプラノボイトレは、やなさん・なっちゃんと一緒に行いました。

  • ソプラノの声の出し方は上から斜め下に向かって

  • 布を被せるように発声

  • 芯を持って。ヤジロベエのように安定する位置に戻ってこられればブレない

等を教えていただきました。

ボイトレの最後、先生に質問をしました。

そこで先生が「緑会の発声は、なるべく響きだけで軽く歌わせる方法だ」とおっしゃっていました。

軽く歌うことと浅い発声をすることは違いますよね。身体の重心を置く位置を考え、声が「か細い」だけにならないことは、ソプラノ課題の一つだと思います。

発声について、一人一人の底辺(緑会に入るまでの経緯等)は違います。ですがそれらを上手くブレンドし、ゆくゆくはパートとして一本の線のように歌えることを今一度意識したいですね^^



人が少ないです。個々の力を伸ばすとはいっても、少人数だとさびしくなります

アンサンブル(その後の補充練)で特にフレーズを意識することを強くおっしゃっていました。

次に練習する時は春合宿ということで本当に時間が無いです。頑張ります。

ちなみにですが先週スキー合宿に行ってきました。お茶にりんご味のカントリーマアムがあるので練習で疲れたときにどうぞ!(口内の乾燥に注意)



0回の閲覧

システムの都合上、スマホ・タブレットなどでの閲覧の際に改行などがみにくくなるおそれがあります。

2017-2020 Midorikai Chorus Club all rights reserved.​