• midorikaichorusclub

4月23日木曜練@お茶大


こんばんは、2Aのなかのはるです。

4月23日に、7回目の新歓練習を行いました☆彡

今回練習した曲は、Sanctus , O magnum mysterium です。

では早速、練習の様子をみていきましょう!

まずは発声から......

写真からもなんとなく?わかる通り、

木曜という、一週間の疲れがたまりやすい曜日にも関わらず、

たくさんの新入生が来てくれていました!!

初めて来てくれた子も、何度も来てくれている子も、

わざわざ練習に来てくれて、ありがとうございました(*´ω`*)

発声について、指示をだしてくださっているのは、、、

我らが!!オクタビスト!!3Sのやな先輩です☆

では次に各パートの練習をみていきましょう!

《ソプラノ》

一女も上級生も麗しいですね......

(ありがたや、目の保養になりますっ!)

《アルト》

この日はアルトボイトレがあったため、かわいい一女の姿がとれませんでした......(;つД`)

(楽しみにしていた上級生の皆さま、心からお詫びいたします)

しかし4女さんのはじける笑顔がとれたので、私的には大満足です///

《テナー》

真面目に練習していましたが、カメラをむけるとこのとおり♪

ご協力ありがとうございます(^^)

《ベース》

歌の練習なのに、とにかく静か......さぼりかな?

と思いきや、ちょうど曲を聴いているところでした。しかし聴こえづらいようで、、、

集まってきた!!!笑

むさ面白い(むさくるしい+面白い)画をありがとうございました笑

(お邪魔してすみませんでした)

最後にアンサンブルの様子です!

さて本来であればここで、我らがサブコンの的確な指示を書くのですが......( ;∀;)

諸事情により(ボイトレ等でバタバタしていて......本当にすみません!!)

発声に関する注意(声楽の先生の受け売り)をしたいと思います。

それは腹筋の使い方についてです。

歌うときによく、「腹筋使って!腹式呼吸で!!」と言われますが、

皆さんは腹式呼吸を、おなかを前後にふくらませたり、へこませたりするものだとおもっていませんか?

......そうです。それが正しい腹式呼吸です。

しかし腹式呼吸にはもっと上達の可能性が秘められているのです。

それは前後だけでなく、上下に!腹筋を動かすことです。

これにより、より多くの息を使うことができたり、表現をより豊かにすることができます!!!

一番ありがちなのが、スタッカートやショートブレスの練習の際に、

おなかを前後に押す、へこますことに専念しすぎて、自分で息の容量の限界をつくってしまうことです。

おなかを前後に押す、へこますことで腹筋は固くなりますが、

それと同時に音も固くなるし、息が足りずきつくなってしまいます。

おなかを、前後という平面ではなく、前後上下という立体的なものとしてとらえ、

腹筋を、ポンプのようになめらかに動かしてみる

ということを意識してみると、また普段とは違った良い声が出るかもしれません。試してみてください♪

(私もこれに関して研究中なので、説明がわかりにくくなってしまいました...

わからないところがあれば気軽に聞いてくださいね!受け売りをしますので笑

またそれくらいできるわという方は、私にも教えてください......お願いします( ;∀;))

長々と偉そうなことを書いてしまい、失礼しました......

今回の曲は次回でも練習します!

それでは次回もがんばりましょう(∩´∀`)∩☆


53回の閲覧

システムの都合上、スマホ・タブレットなどでの閲覧の際に改行などがみにくくなるおそれがあります。

2017-2020 Midorikai Chorus Club all rights reserved.​