• 遠山(ゆ)

6月21日(木)練習日誌


こんにちは、久しぶりの練習日誌です!梅雨で雨が続きますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。今回のブログは2年アルト遠山が担当します。

本日は二年練といって、私たち2年生の中からパートリーダー、学生指揮者、団長を選んで練習をしました。来年の執行代になるための練習ですね。

早速パート練習の様子から。まずはアルトです。

今日のパートリーダーに手を向けています。いつものパート練習と違っていてとても楽しかったです!

続いてソプラノ。

こちらも和気あいあいとしていてとても楽しそうな様子でした。

次はバス。

真剣なご様子。パートリーダーが背中を向けてますね。

最後はテノール。

パートリーダーを胴上げしてくれました。皆さん良い笑顔ですね。

さて、アンサンブルの様子をお伝えしたいと思います。が、写真を撮ることができませんでした…申し訳ございません。文章だけで頑張って伝えたいと思います。

学生指揮者一人目の曲はMendelsssohnのRuhethalです。

ドイツ語の曲ということで発音がとても難しかったですが、和音の動きがとても面白い曲でした。私なんかは和音の動きと言われても感覚的にぼんやりとしかわからないのですが、アンサンブル練習では学生指揮者が言葉にして解説してくれたので、いつもより和音の動きを意識しながら歌えたと思います。定期演奏会でやる曲でも和音の動きがどうなっているのか考えてみたいです。

二人目の学生指揮者で歌ったのは、星野富弘作詞・千原英喜作曲の「もう一度」という曲です。

こちらは日本語の曲で、Ruhethal同様和音がとてもきれいな曲でした。歌詞の意味にも意識してことばを歌うということも練習しました。今日一回の練習だけだったのですが楽譜から顔を上げて歌っている人も何人かいて、そうでない人も気持ちをこめて歌っている様子でした。個人的にまた機会があったら練習して歌いたいなと感じました。

練習後の次回の練習連絡も二年生でやりました。

最後には久しぶりに「さよならみなさま」を今日の団長の指揮で歌いました。

早くも来年のことを意識しての練習でした。パートリーダーさん、学生指揮者さん、団長さんお疲れさまでした!次回もメンバーを替えてまた二年練です。楽しみですね。頑張りましょう!

ここまで読んでくださりありがとうございます。気が早いかもしれませんが、来年以降の緑会もよろしくお願いします。


337回の閲覧

システムの都合上、スマホ・タブレットなどでの閲覧の際に改行などがみにくくなるおそれがあります。

2017-2020 Midorikai Chorus Club all rights reserved.​