top of page
  • midorikaichorusclub

目白祭

更新日:2023年10月25日


今年も緑会合唱団では、「Green Echo」で合唱の公演を行いました。


例年目白祭では、次期執行代の学生指揮者が指揮を振ります。

ということで、目白祭を終えた71期の二年学生指揮者のお二人に感想を書いてもらいました!




ーーーーーーーーー

こんにちは。こちらのブログを初めて書きます、二年学指揮の片割れです。さて、私からは練習風景についてお届けしようと思います。


二年学指揮は、音楽性の方向が真逆です(かと言って仲が悪いとかそういうことはありませんのでご心配なく。来年度も仲良くやっていきます)。そんな2人の練習の進め方、気になりませんか?気になりますよね!


では、相方が振った「始まりの歌」「おんがく」から。


始まりの歌は団歌なだけあり、団員の多くがしっかり歌えていました。一方のおんがくは、変拍子が多く、5曲の中でも難易度が高いものでした。


そんな中でも、彼女は彼女自身の世界を上手く言語化し、歌詞の描く世界を作り上げ、曲に慣れていくと共に完成度も上げていきました。


私が振ったのは「夢みたものは……」「夜明けから日暮れまで」「さよならみなさま」の3曲です。自分が感じたままの音楽を言語化して伝えることを意識しました。とりわけフレーズ感を意識した曲想になったかと思います。そんなこんなで何とかやっとこさ4回の練習を進め、ついに本番となるわけです。


(((バトンタッチ)))




ここからは執筆者が変わりまして、もうひとりの二年学指揮がお送りします。私は、目白祭当日の様子を記したいと思います。


 秋の風が心身を吹き抜ける季節、去る10月14日・15日に日本女子大学にて2日間で4公演をお届けしました。


 目白祭に向けて練習してきた計5曲に加えて、パートリーダーによるユーモアあふれるパート紹介も行われ、盛りだくさんの公演でした。目白祭での発表準備を進めてくれた本女生の団員による、小気味良いMCにも注目!な楽しい30分になりました。練習したことを披露できたのはもちろん、団員が楽しそうに歌っていたのが、指揮者として何よりも嬉しかったです。


 そんなこんなで公演が無事終了!さあ休憩……とはなかなかならないのが緑会です。ゲリラで団員が歌いたい曲を好きに歌う時間が始まります。(実はこれ、合宿時に開催される独唱会に似ています。詳しくはひとつ前の夏合宿のブログをご覧ください!)とにかく、みなさん歌が大好きなのがよく分かりますね。

 ある時は、公演30分前からゲリラ合唱が始まり、公演30分、その後も30分歌い続ける…といったことも!


 解散後、流石の団員でも堪えたのか、ノンストップ歌唱していた口から「疲れた、!」のひとことが聞こえてきました。


 大学祭ならではの、お客さんとのコミュニケーションも毎回たくさん見られました。同じ空気を共有する楽しさは合唱の楽しさとも通ずるものがあります。温かいですね。 このように、たくさん歌いつつ目白祭も満喫しつつ、とても充実した2日間を過ごすことができました。ご来場いただいた皆様ありがとうございました!






ーーーーーーーーーーーー

最後に、今後の演奏会のお知らせです。


11/12(日) 徽音祭(お茶の水女子大学)


11/25(土)26(日) 駒場祭(東京大学駒場キャンパス)




2024年1月21日(日) 定期演奏会(大宮ソニックシティ大ホール)

定期演奏会のチケット申し込みも始まっております!


詳しい日時・場所・曲目、チケット申し込みなどに関しては、ホームページ、各種SNSをご覧ください!

閲覧数:135回

最新記事

すべて表示

駒場祭

徽音祭

Comments


bottom of page