システムの都合上、スマホ・タブレットなどでの閲覧の際に改行などがみにくくなるおそれがあります。

2017-2019 Midorikai Chorus Club all rights reserved.​  

July 13, 2019

May 4, 2019

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

10/3 通常練習・アルト、テナーボイトレ@お茶大

October 3, 2016

こんにちは!

今回初めてブログを書かせていただく1A飯田が、練習の様子をお伝えします!今日は、アルトとテナーのボイトレもありました。

 

では、パート練の様子です。

【ソプラノ】

腕を組んでかっこよくキメてくれたのは冬美さん、ひだっち、まっちー。みんな目線が違うのが面白い。みなさん笑顔が素敵です

 

【アルト】

マルパをひろ~く使って、声を遠くにとばす練習をしました。

ここでクイズ。ちあきさんはどこでしょう⁇

服は背景と同化していても、オーラですぐわかりますね(^^)

 

【テナー】

今日のテナーさんは、いつにも増して自由な感じでした笑

本村さんはなぜ謝っているのか。鈴木福くん、杉並区で自転車事故話の流れで、私を杉田さん、と言い間違えてしまったから。大丈夫ですよ~むしろネタ提供ありがとうございます︎

 

【バス】

今日はちょっとテンション低め⁇のバスさんでした。落ち着いていますね~

…︎せいやさん︎き、キマりすぎです(^▽^;)

 

次は、アンサンブルの様子です!

今日の練習曲は、「待ちぼうけ」と「からたちの花」でした。

そしてなんと︎練習には田中先生がいらしてくださいました!いつもお世話になっております。田中先生は、「待ちぼうけ」を振ってくださいました。

軽やかで楽しい感じや、この曲に対する世界観が伝わってこない…私たちのエネルギーを引き出すため、先生が渾身の指揮をしてくださいました。譜面台の前にとどまらない指揮は、まさに3D︎

 

続いては「からたちの花」です。

まずは、グループになって、お互いの顔を見ながら歌詞を朗読しました。

誰かの顔を見ながら朗読すると、その人に伝えよう、という思いが強くなって、心がこもります。なんだか優しい気持ちになれました。

歌詞を心に刻んだ上で、アンサンブルです。

強弱やアクセントを意識して、歌いました。

 

個人的には、「からたちのそばで泣いたよ みんなみんなやさしかったよ」のところが好きです。みんなみんな、とみんなの顔を思い出して気持ちが高まると同時に、音楽もクレッシェンドして、その後ふっと小さくなって、ppで「やさしかったよ」が入る。この差があることで、泣いた時の寂しさと、みんなのやさしさにじーんとした感じが伝わりますね…!

 

練習の中でちりさんは、「ウンの効果」について話してくださいました。ウンは、休符のことです。

からたちの花の入りは、八分休符になっていて、その休符があることで気持ちを揃えることができます。日本の歌は、言葉の前にある少しの”間”で、気持ちを揃えるそうです。明治以降の歌では、それが少なくなったとのことですが、山田耕筰が大切にした日本人らしいこの”間”を大切に歌いたいと思いました。

息を吸うタイミングが重要になりそうですね。

 

12/4は大宮ソニックでの定期演奏会です。ぜひいらしてください!

 

最後に、おまけ写真です︎

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索