システムの都合上、スマホ・タブレットなどでの閲覧の際に改行などがみにくくなるおそれがあります。

2017-2019 Midorikai Chorus Club all rights reserved.​  

July 13, 2019

May 4, 2019

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

11月30日(木) 練習日誌

November 30, 2017

 こんにちは。テストが終わったばかりで寝不足に苦しんでいる1S早田です。

 例によって読みにくい文章で申し訳ありませんが、どうぞお付き合いください。

 

 さて、今回は永井先生練です。先生練だとどうしても写真が少なくなるのですが、今回は一枚だけ写真を撮りました。

 これは、みなさんが準備体操をしているところです。多分、誰にも気づかれていないと思います(笑)

 練習中の写真は撮れませんでした、というか撮りませんでした。ごめんなさい。

 

 今回練習したのは、SanctusとBenedictusです。

 どの曲にも共通して言えるのは、「和音感」です。永井先生によれば、練習しているミサ曲の作曲者、シューベルトは「和音の王」とでも言えるお方だそうです(そんなようなことをおっしゃっていたような気がします)。確かに綺麗なハーモニーだらけですね。たった一パート音が変わっただけで、全く違う種類の和音にシフトしてしまいます。ピアノを弾いてくださる先生が和音を弾いてくださると、「ああ、こんな和音だったんだな」と気付けます。今回練習した曲では出てこないですが、私はDona nobisのハーモニーがとても好きです。

 また、永井先生が練習中にたくさんおっしゃられるのが、「顔を開いて」歌うのが大事だということです。私は未だにこの意味をはかりかねているのですが、どういうことなのでしょう…。明るい表情で歌う、ということなのでしょうか…。それとも、顔に響かせて歌う、ということなのでしょうか…。意味が分からないようではまだまだですね。もっと精進していきます。

 

 定期演奏会が、もう間近です。体調管理には気をつけましょう。私は早く風邪を治したいです(切実)

 

 今日も読んでくださり、ありがとうございました!

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索