~パート紹介~

ソプラノ

 

 ソプラノは、合唱の高音部を歌い、メインのメロディーを担当することの多いパートです。ソプラノの澄んだ歌声や、時にパワフルな歌声は、合唱全体に華やかさや迫力を与えます。緑会のソプラノパートは温かい雰囲気があり、練習時間はとても賑やかです。また、メンバーの音楽経験や合唱経験は様々で、先輩後輩関わらずお互いに良い刺激を受け合っています。

​ 主旋律を歌うことの多いソプラノですが、合唱ではより繊細で美しく歌うことや他パートに耳を傾けることが重要です。綺麗にメロディーを奏でるのは難しいかもしれませんが、練習を重ねていくうちに徐々に上達していきます。ぜひ練習にいらしてください!

アルト

 

 アルトパートは女声の低声を担当するパートです。同じ女声で主旋律を担当することが多いソプラノと比べるとアルトは目立たないかもしれません。でも合唱の魅力はメロディーだけではありませんよね。主旋律に寄り添うアルトの歌声を重ねれば、合唱に深みと厚みが増します。その味わいの深い響きが、合唱を一層魅力的なものにしてくれます。時にはアルトが美しい主旋律を紡ぐこともあります。このメロディーがまた美味しいのです。

​ アルトは様々な色を持った、温かみのあるパートです。緑会のアルトのメンバーもまた、温かく素敵な人が集まっています。皆さんがアルトの一員になってくださることをアルトパート一同楽しみにお待ちしています!

テノール

​ ハーモニーはもちろん主旋律を担当することも多く、合唱における様々なポジションで活躍できます。印象的なフレーズも多くておいしいパートだなぁと思いながら歌っています。緑会にはプロの先生によるトレーニングもありますし、高音域は少しずつ広げられるので、地声が低いからテノールができないと思う必要はありません!緑会のテノールは、OBを含めた先輩方がいろいろな面でサポートしてくれて、一人一人が自分の声と真剣に向き合えるパートです。また、冗談を言い合える楽しい雰囲気も魅力のひとつです。少しでも興味のある方は、一度練習を覗いてみてくださいね。よく喋る、明るい団員たちがお待ちしております!

ベース

 

 今年の緑会合唱団ベースは、人数は少ないながら、テノールの上級生の先輩方とも協力して普段の練習を行っています。少人数を生かして先生の丁寧な指導も受けることができ、初心者の団員もめきめきと成長しています。演奏会の際は、幅広い世代のOBの方々もお手伝いに来てくださり、賑やかな雰囲気です。

 深く重みのあるベースがあってこそ、混声合唱の醍醐味である豊かな音の広がりが引き出せるもの。より良い合唱団を作るためにも、ベースは新入部員を大募集しています!

​ 未体験大歓迎、ぜひ一度練習を覗きに来てみませんか?