• midorikaichorusclub

2月1日(木)練習日誌


どうもこんにちは。今回のブログは1Tの飯尾が担当させていただきます。 降雪などのサプライズがあった中で長い長いテスト期間が終わろうとしています。今学期もこれで終わる訳ですが、意識の高さを保つことがいかに難しいことか痛感いたしました。反省です。

さて今回の練習の振り返りですが、僕が遅刻してしまったため、代わりに写真をとってもらいました。送られてきた写真がこちら↑です。皆さんの豊かな想像力で吹き出しをつけていただけたらと思います。

こちらの写真はかろうじて発声練習中にお茶大にたどり着いた僕が撮ったものです。代替わりしてからの体操と発声練習は全体で行なっています。人がたくさんいると賑やかでいいですね。

体操&発声練習が終わると全体でのリズム唱を行いました。紹介するのを忘れていましたが、今回の練習曲は「Agnus Dei = 空海・真言・絶唱」です。不思議な曲です。(あくまで個人の感想です)

リズム唱では「ノウボウ アキャシャ ギャラバヤ オンアリキャ マリボリ ソワカ(虚空蔵菩薩真言)」の部分を重点的に練習しました。歌詞だけ見るとこれが合唱かという不思議なものですが、歌ってみると美しい曲です。偉大ですね。

リズム唱の次はパート練習です。「Agnus Dei」は6パートに分かれるので、一部のパートは合同で練習しました。これはソプラノとテノールの合同練習です。パートリーダーはソプラノのパートリーダーの肥田さんでした。普段と違うパートリーダーによる練習は新鮮です。少し緊張しました。

次はバスです。写真を撮るときは何かしないと気が済まない変わり者が集まっています。この写真でけでも十分なのに、写真に写りたくないと言って部屋から飛び出していく者もいるのでどうしようもありません。ところでバスのパートリーダーは66期 が務めています。偉大です。

こちらはアルトです。カメラを向けたらちゃんと笑顔で写ってくれました。緑会の良心です。

はい、パート練習最後の写真はメゾ・ソプラノとバリトンのみなさんです。みなさんひたすら虚空蔵菩薩真言を唱えていました。一説によると、この真言を100万編唱え続ければ無限の記憶力が得られるそうです。達成できれば次のテストは余裕ですね。

最後は全体練習です。全てのパートが揃うととても綺麗なハーモニーになります。虚空蔵菩薩真言を唱える部分は圧巻です。テナー二年生の名言をお借りするなら、「この曲を作曲した空海って偉大だな」ということでしょうか。

この曲も三分の二のところまで進みました。他の曲もあって大変ですが、頑張って練習して行きたいと思います。

さて、まだまだ寒さが続きますが、皆様体調にはお気をつけてお過ごしください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


0回の閲覧

システムの都合上、スマホ・タブレットなどでの閲覧の際に改行などがみにくくなるおそれがあります。

2017-2020 Midorikai Chorus Club all rights reserved.​